サプリメント図鑑>栄養成分 > たんぱく質・アミノ酸>テアニン

テアニンとは

テアニンとは、アミノ酸の一種で主に緑茶に含まれているうまみ成分。特に上級なお茶にほど多く含まれているとされている自律神経系をリラックスさせる作用があるとされている。また、抗ストレス作用や睡眠の質がアップするといった作用がある。

200mgのテアニンを摂取するとりラックするの指標とされるα波の発生が約30分後に確認されている。この作用から就寝前にテアニンを摂取することで眠りの質が高まり、また寝起きの疲労感もなくなるとされる。このほかにも集中力の向上や月経周期の乱れ改善、更年期障害の改善効果もあるとされる。
なお、テアニン200mgを摂取するには煎茶で約20杯分程度とされる。
近年では、こうしたテアニンの有効作用から、サプリメントや健康食品としてもテアニン配合食品が販売されている。

 

テアニンに関するQ&A・クチコミ

テアニンと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした