サプリメント図鑑>栄養成分 > ビタミン>ビタミンE

ビタミンEとは

ビタミンEは、体内において高い抗酸化作用を示すビタミンの一種。脂溶性ビタミンに分類され、油に溶けやすく体内の細胞内などに入り込みその酸化を抑制する作用がある。この作用は老化防止や動脈硬化などの予防に適しているとされる。

体内でビタミンEが不足すると、血行障害かくる障害である肩こり、頭痛、冷え性などが起こりやすくなり、高度に不足した場合はホルモンバランスの乱れ、老化の進行などが起こるとされる。食品ではナッツ類や胚芽、卵黄葉物野菜などに多く含まれる。なお、ビタミンEはトコフェロールとトコトリエールの二種類がある。

なお、ビタミンEはビタミンCにより再活性化されるという作用があるため、ビタミンCとビタミンEを一緒に摂取するとその働きがより高まるとされている。

ピックアップサイト

ビタミンEの関連サイト

 

ビタミンEに関するQ&A・クチコミ

ビタミンEと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした